オリンパスの高山修一社長は18日午後、東京都内で記者会見し、4月後半に臨時株主総会を開き、その際に辞任すると正式表明した。同社が調査を依頼した弁護士による委員会が、高山社長らの損失隠しに関わる責任を指摘したことを受け、けじめを付ける。高山社長はさらに、今後は取締役の過半数を社外取締役とし、経営の独立性を高める考えも示した。

広告