ファミリーマートは17日から、中国人観光客向け決済サービスとして、中国の「銀聯(ぎんれん)カード」の取り扱いを東京、大阪、京都など全国約200店で、三井住友カードと提携して開始する。1月下旬から始まる中国の旧正月に当たる連休を控え、多くの利用を見込む。
銀聯カードで税込み1000円以上の利用があった顧客には、飲料の無料引換券を17日から30日までの期間限定で進呈するキャンペーンも実施し、利用促進を図る。
銀聯カードは中国国内で普及している銀行系のデビットカード。普及が遅れているクレジットカードに代わって、中国国内では13億枚以上が発行されて使われているという。他のカードに比べて利用者が桁違いに多いため、同カードをめぐっては、日本の小売業やサービス関係の企業も積極的に採用を検討しているところ。
ほかの大手コンビニエンスストアでは、ローソンが福岡など観光地周辺の一部店舗で導入しているだけで、ファミリーマートが一歩リードした形だ。

広告