女子アナ「30歳定年説」はいまや常識。フリーで成功しているのは高島彩(32)や滝川クリステル(33)、西尾由佳里(33)などごく一部の超人気アナのみだ。

そんな中、「アナウンサーという仕事に見切りをつけ、全く別の道を選ぶ女子アナが増えている」(キー局関係者)という新潮流がある。

9月に入り、フジテレビの高木広子アナ(39)が年内いっぱいで退社し、化粧品会社を立ち上げることを発表して話題を呼んだ。フジテレビ局員が語る。

「ウエディングプランナーの資格を取って、フジの関連会社のウエディング事業に関わるなど、最近はビジネス志向が強まっていた。後輩アナだった長野翼(30)の結婚式のプロデュースを手がけて大成功を収めたことが、美容業での起業を決意するきっかけになったようです」

弁護士への転身を目前に控えているのが、元フジの菊間千乃さん(39)だ。

生放送中にビルの5階から転落する事故で大けがを負ったり、アイドルグループの未成年メンバーと一緒に飲酒していたことが発覚して謹慎処分を受けるなど、女子アナ時代は何かと話題を振りまいた。しかし謹慎後は「勉強の虫」となった。

仕事のかたわら大宮法科大学院大学に通い始め、2007年12月に退社して司法試験受験に専念。昨年、2回目の挑戦で見事合格した。

「菊間さんは現在、東京地裁預かりで司法修習中。年内にも修了予定で、来春にも弁護士としてデビューするはず」(ある司法修習生)

フジで内田恭子アナ(35)の同期として人気を二分した大橋マキさん(34)は、ラジオのパーソナリティなど女子アナ的な仕事を継続するかたわら、アロマセラピストとしても活躍。そのロハスな生き方が女性たちから支持を集めている。

やはり元フジの深澤里奈さん(36)は15歳から学んできた茶道を生かし、2009年に茶の湯ワークショップ「tea・journey」を開店。さらに野菜中心の“無理のないグリーンライフ”を提唱し、料理の本も出している。

「ワークショップには全国から1000人弱の生徒さんに通っていただいています。今後は茶の湯の素晴らしさを海外にも広めながら、茶道具に関わる職人の活動を手助けしていきたい」(深澤さん)

広告