レッドブルのテクニカルディレクターを務めるエイドリアン・ニューイはできるだけ早い段階でコンストラクターズ選手権制覇を成し遂げるべく、チームは現在も今季型マシンの開発を推し進めていると明かした。

F1世界チャンピオンに王手をかけるセバスチャン・ベッテルは残る5戦で1ポイントを獲得すればいいだけだが、レッドブルがマクラーレンに138点差をつけるコンストラクターズタイトルはまだ最大で215ポイントを加算できる。レッドブルが最有力候補であることは間違いないとはいえ、デザインチームが努力の手を緩めることはないと言うニューイはまだ2012年型マシンに完全移行はしていないと認めている。

「シーズンのこの時期になると可能ならば是が非でもダブルタイトルを獲得したい。私たちは現行型マシンをプッシュし続けることを望んでおり、できるならば信頼性もプッシュしたい。それと同時に来年のマシンにも注意を払わなければならない。製作期間に時間を要する(2012年型マシンの)シャシーとギアボックスのデザインには没頭しているし、そうしなければならない。タイムスケールの要求が厳しいのだ」

「とはいえ、今年のマシンで学んだことは来年のマシンに持ち込めるし、その逆もまたしかり。今回の冬はレギュレーション変更がほとんどなく、最も重要なものといえばエキゾーストシステムにできることがはるかに限られるということ。ただ、それ以外はほとんど同じルールだ」

「自分たちの足を地につけて置かれるかどうかが問題。物事は簡単に間違った方向に進んでしまう。まだコンストラクターズ選手権を制したわけではないし、5レースが残っている。それぞれのレースごとに戦い続けるし、ベストを尽くすつもりだ。それが功を奏すことを願っている」

また、モンツァとシンガポールの異なるサーキットで表彰台の頂点に上ったレッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーは順応性のあるマシンを造り上げたチームを祝福している。

「今年の何が満足かって、モナコからモンツァまで競争力を発揮できたこと。これは昨年のレッスンから学んだチームのハードワークの証拠だと思う。エイドリアン(ニューイ)と彼のチームは異なるタイプのサーキットに対応する万能なマシンを生み出すという、実に素晴らしい仕事を成し遂げている。このコース(シンガポール市街地サーキット)は縁石やバンプ、暑さに対応しなければならず、そのキツさの点ではカレンダーの中でも最もタフなテストだと言えるはずだ」

広告