オーナーのディートリッヒ・マテシッツによると、レッドブルはF1への関与を縮小する計画はないという。

NASCARへの挑戦は失敗に終わったが、F1は別の物語であり、セバスチャン・ベッテルは最も若い2年連続のワールドチャンピオンへ向けて順調に突き進んでいる。

マテシッツはさらに、セカンドチームと呼ばれるトロ・ロッソにも満足していると『The Independent(インディペンデント)』に語った。

ファエンツァに拠点を置くトロ・ロッソを売却するのかと問われ、”ノー”と彼は答えた。”ただし、パートナーシップは除外しない。適切なパートナーが見つかればね”

上位チームのレッドブルについても今のところ売却の考えはないとのことだが、”先の予想は難しく、決定は政治、F1株主、その他多くの要因を含んだより広い図の下でなされる”と付け加えた。

F1に関わることで想定されるコストの損失を彼は笑い飛ばした。

「レッドブル(ブランド)のトータルマーケティング投資は、F1の10倍だよ」と言うマテシッツ。

そして”レッドブル・ブランドに匹敵する相手を見つけるのが難しい”ことから、タイトルスポンサーは置かないのだという。

広告