2週間後の鈴鹿でセバスチャン・ベッテルはあと1ポイントさえ取れば、2度目の王座を手中に収めることができる。

シンガポールでもタイトル決定のチャンスはあった。ベッテルは予定通りに優勝したものの、2位に入ったジェンソン・バトンがかろうじてそれを阻止した。

シーズンは残すところ5戦。これでタイトル争いに数字上の可能性を残すのはバトンただ1人となった。

とはいえ、たとえ日本でバトンが勝ったとしても、ベッテルが10位に入賞すればチャンピオンは決まると『BBC』のコメンテーター、マーティン・ブランドルは説明する。「彼らも彼(ベッテル)に賭けた方がいいだろうね」

しかしレッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、24歳のベッテルが鈴鹿で中団フィニッシュに甘んじるはずがないと語った。

彼が今まで通りにやっていけば、選手権の結果は自然とついてくる」とホーナーは述べた。「ここまで素晴らしいシーズンだったし、われわれは堂々と最後を締めくくりたいと思っている」

ベッテルも力強くうなずいた。「次のレースでもう1回チャンスがありそうだね」

広告