アイドルグループ「AKB48」の24枚目のシングルを歌うメンバーを決める「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」が20日、日本武道館(東京都千代田区)で開催される。今回は姉妹グループ「SKE48」「NMB48」、研究生も含む約70人が本戦に出場。選抜メンバー16人の座をかけて、じゃんけんでの真剣勝負を繰り広げる。組み合わせはすでに発表されており、前回大会で“じゃんけん女王”の座に輝いた内田眞由美さんは“さしこ”こと指原莉乃さんと対戦。6月の「第3回選抜総選挙」でセンターに返り咲いた前田敦子さんは秋元才加さんと、高橋みなみさんは同じ1期生でチームA、さらに同じ派生ユニット「ノースリーブス」に属する小嶋陽菜さんと緒戦で当たるなど、1回戦から注目のカードが並んだ。

19枚目のシングル「チャンスの順番」(10年12月発売)を歌う選抜メンバーを決めた昨年の第1回に続き、2年連続2回目となる「選抜じゃんけん大会」。前回は、「AKB48」のメンバー47人と研究生4人の計51人が参加し、じゃんけんで選抜メンバー16人を決めたが、今回は姉妹グループの「SKE48」と「NMB48」からも参加。12月に発売される24枚目のシングル(タイトル未定)を歌う選抜メンバーの座を目指してじゃんけんで対戦する。

昨年初めて開催された「第1回選抜じゃんけん大会」では、「第2回選抜総選挙」1位の大島優子さんが1回戦で敗退し、ランク外の内田さんが優勝するなど、初めて選抜入りするメンバーも続出した。また、AKB48のファンで知られる「南海キャンディーズ」の山里亮太さんがレフェリー務め、練習試合にアントニオ猪木さんが登場するなどしており、今年は誰が、どんな形で登場するのかも注目だ。

なお、今回のイベントは、全国約100の映画館のほか、海外では香港、台湾、韓国に加え、初めてタイ、シンガポールでも生中継される予定。

広告