アイドルグループ「AKB48」の24枚目のシングルを歌うメンバーを決める「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」が20日、日本武道館(東京都千代田区)で行われ、篠田麻里子さんが優勝。2代目の“じゃんけん女王”の座に輝くとともに、12月7日発売の24枚目のシングルでのセンターポジションを勝ち取った。篠田さんは「正直、2回戦で負けるかなと思っていたのでここに立っているのが不思議。正直めちゃくちゃうれしいです」と喜びを表現した後、「選抜で初のセンター、素敵なシングルにしたいと思います。ありがとうございます」と涙ながらにあいさつし、割れんばかりの拍手と歓声を浴びた。

今回は姉妹グループ「SKE48」「NMB48」、研究生も含む総勢68人が本戦に出場。選抜メンバー16人には、小嶋陽菜さんや北原里英さん、峯岸みなみさんらが選ばれた。チーム別の内訳はAチーム4人▽Kチーム4人▽Bチーム3人▽4チーム1人▽研究生1人▽SKE1人▽NMB2人。また前回じゃんけん大会からは12人のメンバーの顔ぶれが変わり、今年の第3回選抜総選挙の選抜メンバー(21人)からは6人しか残らなかった。

19枚目のシングル「チャンスの順番」(10年12月発売)を歌う選抜メンバーを決めた昨年の第1回に続き、2年連続2回目となる「選抜じゃんけん大会」。前回は、「AKB48」のメンバー47人と研究生4人の計51人が参加し、じゃんけんで選抜メンバー16人を決めたが、今回は姉妹グループの「SKE48」と「NMB48」が初参戦し、AKB48の研究生を含む総勢68人が本戦に出場。12月に発売される24枚目のシングルを歌う選抜メンバーの座を目指して、約1万1000人の観客が見守る中、じゃんけんでの真剣勝負を繰り広げた。

◇選抜入り決定メンバー(上位16位)=敬称略

肥川彩愛(NMB48)、秋元才加、小林茉里奈(研究生)、梅田彩佳、藤江れいな、河西智美、佐藤すみれ、桑原みずき(SKE48)、大家志津香、小嶋陽菜、山口夕輝(NMB48)、篠田麻里子、峯岸みなみ、山内鈴蘭、北原里英、前田亜美

広告