「AKB48」の前田敦子(20)主演のフジテレビ系連続ドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(毎週日曜後9・00)の最終回が18日に放送され、平均視聴率が7・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。全話の平均は7・1%だった。

本作は07年7~9月クールに堀北真希(22)主演で放送されたヒットドラマの4年ぶりのリメークで、米国から男子校の桜咲学園に転校してきた少女・芦屋瑞稀(前田)が同級生・佐野泉(中村蒼・20)にもう一度ハイジャンプを飛ばせるため、男子として個性豊かな同級生たちと奮闘する姿を描く学園ラブコメディー。主演の前田は初の男装&ショートカットに挑戦した。共演は三浦翔平(23)、山田親太朗(25)、「AKB48」の柏木由紀(20)ら。

全話平均17・8%、最終回で最高の21・0%を叩き出した前作は、主演の堀北の男装の演技もさることながら、小栗旬(28)、生田斗真(26)、水嶋ヒロ(27)、岡田将生(22)、城田優(25)、山本裕典(23)、溝端淳平(22)といった今や主役級に成長した人気俳優たちが数多く出演していたことでも話題を集めていた。それと比較すると、やはり本作の見劣り感は否めないところ。

結果的には、初回になんとか2ケタをマークしたものの、その後は6・5%前後を行ったり来たりする低空飛行。前クール(4~6月期)の「マルモのおきて」(芦田愛菜、阿部サダヲ主演)が全話平均15・8%と好成績を残した話題作だっただけに、期待外れの結果と言わざるを得ない。

広告