タレント・小倉優子(27)との専属契約の有効性を主張する事務所「アヴィラ」(東京)が13日、小倉が16日に発売する写真集「幸福論」の出版元の講談社に対し、東京地裁に出版・販売禁止の仮処分申し立てを行ったことを明かした。

アヴィラが同日、マスコミ各社に送ったファクスによると、同社は今月9日に小倉の専属契約の確認を求める本裁判を東京地裁に提起した。これに伴い小倉の独自の芸能活動となる写真集出版に待ったをかけた形だ。今年7月4日には東京地裁が「昨年12月31日で契約は終了している」という仮処分決定を下しており、本裁判でこの決定が覆らない限り、小倉との専属契約の有効性は認められないが、「アヴィラ」側は徹底抗戦の構えだ。

一方の小倉は7月の仮処分決定を受けて、8月から木下優樹菜(23)らが所属する「プラチナム・プロダクション」に移籍。すでに同社所属のタレントとして仕事をしており、講談社も「東京地裁が判断したように、今回の写真集の出版には、何ら支障はないと考えています」とコメントしている。

小倉は昨年11月に「アヴィラ」に対して契約終了確認通知書を送付したが聞き入れられず、今年1月には契約解除を求め東京地裁に提訴。7月に裁判所の“お墨付き”が出て、心機一転のスタートを切ったはずだった。年内にはヘアメークアーティスト・菊地勲さん(40)と挙式予定で、いまは幸せいっぱいのはずだが、ドロ沼騒動は延長戦に持ち込まれた。

広告