一部報道で声帯結節及び急性声帯炎のため歌手活動を休止すると報じられたAKB48の板野友美の所属事務所および所属レコード会社が5日、それぞれの公式サイトで活動休止報道を否定した。

先月病院で診断された病名については認めたものの、喉を療養し状況をみながら「可能な範囲で仕事に取り組んでいる」とし、今後の活動についても「一部報道に出ているような歌手活動休止という事態はなく、本人も一日も早く完全復帰できるように頑張っております」と説明した。

板野も5日付の自身のブログで「喉の件で、みなさんにご心配かけてすみません。一刻も早くよくなるようにあんまり声出さないように喉を休ませたいと思います!体は元気なんだけど」と綴り、完治に向けて努めていることを報告していた。

広告