ホンダ<7267.T>は5日、運転席側のパワーウインドースイッチに不具合があるとして、小型車「フィット」など3車種について国内外で93万6000台をリコール(回収・無償修理)すると明らかにした。

スイッチユニットの構造と樹脂材が不適切なため、スイッチユニットのハンダが溶けて外側カバーに垂れ、最悪の場合、カバーが発火するおそれがあるという。

国内では2005年10月─07年10月製造の「フィット」20万3777台、05年10月─08年8月製造の「フィットアリア」1万2416台について国土交通省にリコールを届け出た。263件の不具合の報告があり、8件は部分的に焼けた事故があった。

海外では「フィット」(海外名「ジャズ」)「フィットアリア」(海外名「シティ」)に加えて「CR─V」も対象となる。海外分は約72万台で、各国の規制やルールに則って同様の措置を取る。

また、補助動力モーター用のコントロールユニットに不具合があるとして、ハイブリッド車(HV)「CR─Z」についても国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは09年12月─11年6月製造の7783台(6速マニュアル車のみ)。コントロールユニットのプログラムが不適切なため、補助動力用バッテリーの供給可能電力が低下した状態でエンストした場合、モーターが逆転し、進行方向と逆に微速で走行するおそれがあるという。

欧州と北米に出荷した計1万7000台についても、各国の規制やルールに則って同様の措置を取る。

広告