AKB48板野友美(20)が4日、声帯結節及び急性声帯炎で歌手活動を休止することを発表した。ナゴヤドームでのAKB48「フライングゲット」全国握手会で「歌うことが当分できなくなりました。本当はできることはやりたいんですけど、まずは治すことをしっかりとやりたいと思います。よろしくお願いします」と、ファンに説明した。都内の病院で診察を受けて、手術の必要はなく、全治3~4週間と診断された。医師によると「のどを休めれば、回復する」という。バラエティー番組やグラビア撮影は通常通りにこなし、劇場公演や歌番組は欠席する予定。また、10月26日発売のAKB48の23枚目シングル「風は吹いている」のタイトルが発表された。

広告