28日に行われたプレミアリーグ第3節で、アーセナルはマンチェスター・Uに2-8と大敗した。ウェイン・ルーニーにハットトリックを達成されるなど、良いところなく敗れ去っている。

アーセナルの公式HPによると、8失点を喫したのは1896年12月12日に行われたラフバラ戦以来で、実に約115年ぶり。リーグ戦においては1927年以前に4回、7失点を喫した記録が残っているが、8失点は史上初だという。

今夏、大黒柱のセスク・ファブレガスがバルセロナへと去り、サミール・ナスリやガエル・クリシーといった主力も移籍。厳しい現状に直面するアーセナルを象徴するような歴史的大敗となった。

広告