沖縄県・尖閣諸島近海で24日朝、中国の漁業監視船2隻が一時、日本の領海に侵入した。

海上保安庁によると、中国の漁業監視船が尖閣諸島に接近したのは今年7回目で、中国の公船が領海内に入ったのは、2008年12月8日に海洋調査船2隻が侵入して以来。

同庁によると、24日午前6時15分頃、尖閣諸島の久場島の北北東約30キロに、中国の漁業監視船「漁政201」、「漁政31001」の2隻が航行しているのを巡視船が発見。その後、「漁政201」は同6時36分に、「漁政31001」は同6時44分に領海内に侵入。約30分後にそれぞれ領海から出たが、「漁政201」は約20分後、再び領海内に7分間侵入した。

巡視船が無線などで「直ちに領海内から退去せよ」と警告すると、2隻は「(尖閣諸島の)魚釣島、その他の周辺諸島は中国固有の領土。法にのっとり、中国管轄海域において正当な公務を行っている」と無線や船体につけた電光掲示板で応答してきた。

広告