俳優・内野聖陽(42)と女優・一路真輝(46)が18日、離婚届を提出したと同日、連名によるFAXで発表した。理由について「家族のこと、それぞれのこれからの道のことを徹底的に話し合った末、今後もお互いに対話を持ちながら、前向きにそれぞれの道で精進して参ろうという結論に達しました」としている。

結婚時の祝福を振り返り「関係各社の皆様、ファンの皆様、私たちの友人知人の皆様よりたくさんの温かい祝福のお気持ちを頂いたにもかかわらず、本当に残念なご報告で申し訳ない気持ちでいっぱいです」とした上で、冒頭の理由により離婚に至ったという。

内野は昨年9月に乗用車内で一般女性とのキス写真と飲酒運転疑惑が写真誌に報じられ、後日、謝罪コメントを発表。その後、離婚に向けての話し合いが行われたとみられ「皆様には大変ご心配をおかけ致しましたが、内野、一路ともども、これからもたゆまぬ努力を続けて参りますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます」としている。

広告