タレントの若槻千夏がプロデュースするアパレルブランド「wc」の2店舗が、8月中に閉店することがわかった。公式ブログで報告している。

「みなさまにお礼と報告」と題した8日付けの日記。「みなさまに大切な、もしかしたら残念なお知らせがあります」として、渋谷109のwcが8月31日に、原宿WEGO内のwcが8月21日に閉店することを明らかにした。閉店の理由は明らかにしていない。

109は若槻が憧れていた場所だという。「10年前に109のカリスマ店員になりたくて109に行き、その憧れていた地でスカウトされ今の事務所に入りました」と、自身がタレントになったきっかけの地でもあったようだ。それだけに閉店のショックは隠せない。「そんな109とお別れするのはとても悲しい事だけど、その悲しさを希望に変えてこれからも頑張ります」としている。

若槻は東日本大震災の支援としてチャリティーTシャツを販売。その売り上げが2,700万円に達したほか、wcから1,000万円を加え計3,700万円余りを寄付していた。

広告