天皇、皇后両陛下は8日午前、東日本大震災の被災者が身を寄せている東京都板橋区の成増団地を訪れた。同団地には福島、宮城両県から約100人が避難している。

両陛下は、同団地の第2集会所に集まった28人に一人一人、声をかけた。天皇陛下は、福島県から避難して都内の私立中学校に転校したという富岡町の薬局経営、菊地成一さん(53)の長女、彩夏さん(15)=中3=に「学校は楽しいですか」とやさしく話しかけた。彩夏さんは「今の学校ではみんながやさしくしてくれる。おしゃべりがとても楽しいです」と答えた。「ただ、福島の友達にも会いたい」と話しているうちに目を赤くした。

広告