女優の長澤まさみ(24)が4日、都内で行われた舞台『クレイジーハニー』舞台けいこ終了後に報道陣の取材に応じた。役作りのために人生初の“赤髪”に染め上げた長澤は「案外、評判良い。役にも近づくけるし、気持ち的にも切り替わりますね」と満足気。舞台初出演については「けいこを重ねた成果を思い切り出せたら」と笑顔で意気込みを語った。

同作は『幸せ最高ありがとうマジで!』(08年)で岸田國士戯曲賞を受賞した本谷有希子が3年ぶりに届ける新作舞台。ピュアな作風で売り出したものの、いまや赤裸々な実録ものに路線変更したケータイ作家・ひろみ結城(長澤)と、彼女とつるむ悪友で飲み屋のママ、甘田真貴(リリー・フランキー)が出席したトークショー会場を舞台に物語が繰り広げられる。

初舞台の手応えについて長澤は「お芝居という意味では同じだけど、毎日感じる緊張が違う。楽屋を作ったり自分でメイクをしたり、環境に戸惑うことはありますね」と新鮮な体験にドキドキの様子。長澤と同じく舞台初出演で、地毛を金髪に染め上げ“ママ”役を演じるリリーは「今まで結婚してこなかったのは、やっぱり俺がコッチ系だったからか…。ようやくわかりました」と語り、笑いを誘った。

長澤にとって新境地ともいえる作品に周りからの関心は大きく、長澤は「同郷の友だちも観に来てくれる。ビックリする人もいるかも」とニッコリ。熱愛が噂されている人気グループ・EXILEのAKIRAも同郷であることから、交際の進展について矢継ぎ早に質問が飛んだが、これには終始笑顔で無言を貫いた。

舞台『クレイジーハニー』は8月5日(金)より東京・パルコ劇場にて上演。

広告