中国浙江省温州の高速鉄道事故後に車両を地中に埋めるなど、証拠隠滅が行われたことについて、1日付の週刊経済紙「経済観察報」は「以前から同じ。今回はメディアの関心が高かっただけ」とする主要駅責任者の内部告発を掲載、同様の行為が常態化していたことを暴露した。

中国当局が事故報道を統制し、鉄道省が証拠隠滅を否定する中、これに反論した異例の記事だ。

同紙は、救出を一時中止した人命軽視や事故調査の不徹底を批判する8ページの特集記事を組んだ。同責任者は「鉄道省は問題が起きると責任逃れを考える」と隠蔽体質を批判。「高速鉄道の(信号システムの)緊急対応能力が劣っていることは組織内では秘密ではない。当直は運転士と無線で連絡が取れたはず」と人為ミスの可能性にも言及した。

広告