スマートフォンの利用者の増加を受け、NTTレゾナントが運営する無料のQ&Aサイト「gooスマホ部に訊け!」にも多くの質問が寄せられている。最近増えているのが、カップルや夫婦間に関するものだ。「相手が携帯電話をチェックするので、見られたくないメールを隠したい」「メールやSMSの痕跡を消したい」「特定の人からの着信を履歴に残したくない」「画像を見られたくない」などなど。

ではこのような質問にどのように答えているのか、gooスマホ部で、男女関係に関する多くの質問に答えているベラックブリー氏に話を聞いた。初心者からの質問が多いQ&Aサイトなので、なかなか苦労しているようだ。

スマホなら一発で簡単にできると思いがち

アプリを追加することで、いろいろなことができるスマートフォン。gooスマホ部に質問する利用者もあるアプリを入れれば、思い通りのことができると思っている。だが、そんなに簡単にはいかない。「昔より隠しづらくなっている」というのがベラックブリー氏の意見だ。FacebookやTwitterの普及で、相手がどこで何をやっているかが素早く分かり、スマートフォンではそれらのアプリを簡単に使える。オープンプラットフォームのAndroidは多くの端末に採用されており、メーカーやキャリアが違くても、使い方が大体同じなのも昔と違う。自分のスマートフォンでなくても、どこを触ったらどう動くかが分かってしまう。

「パスコードでロックしてしまえばいい」と考えてしまうが、親しい間柄なら隠すことはできない。堂々としながら、隠したいものだけを隠すワザが求められる。ベラックブリー氏は、「複数アプリの合わせ技」と「クラウドサービスの活用」が有効という。また、パソコンと同じように履歴の消去も忘れずにしたいという。実際にgooスマホ部へ届いた質問を元に対応策を聞いた。今回は質問が多いAndroidスマートフォンのものを取り上げる。

親しい人にもメールを見られたくない

まずはメール。彼氏や彼女が相手の携帯電話をチェックする、という話はよく聞く。やましいことはなくても相手に見られたくないメールはどうすればいいのか。隠しフォルダーにメールを振り分けられる携帯電話はあるが、スマートフォンにも同様の機能があるのだろうか。

ベラックブリー氏によると、メールを見られないようにするには2つの考えがあるという。1つはメールを見せないようにすること。端末自体にロックをかけたり、メールアプリを非表示にしたりすればよい。暗証番号などで端末にロックをかけるのは携帯電話と同じだ。メールアプリを非表示にするには「Secret Home」というアプリが使える。簡単な操作で任意のアプリを非表示にできる。「App Protector Lite」を使えば、アプリをロックできるので、組み合わせれば安全性が高まる。

前述のとおり、見せないのも相手に不信感を与えるので、見せ用のデータと見せない用のデータを作るのが2つ目。隠したいデータをSDカードに移動し、隠しフォルダーを作成する。「アストロファイルマネージャ」や「ファイルロック」を使えば隠しフォルダの管理ができる。「ただし、この作業はうまくいかなかったりするケースもあるので注意してほしい」とベラックブリー氏。手の込んだ隠し方なので、初心者にはお勧めしにくいという。

自然な隠し方としてはGmailなどのWebメールを使うのも手という。見られたくないメールはWebメールに送ってもらい、その都度、ログインする。メールを確認したら必ずログオフを忘れないように。IDやパスワードはブラウザーに記憶させず、その都度入力する。少し手間だが、携帯電話時代のサブアカウントと同じように使い分かればいい。

SMSの痕跡を探られないようにする

「SMSの履歴を削除しているのに、メールが妻に見られている。どうしてか」。この質問にはベラックブリー氏も頭を悩ませた。まず、システム的に削除したメールを復活させるのは専門の知識が必要だ。消しているのに見られているのは、履歴や痕跡がどこかに残っているためと考えられる。

SMSの場合は内容こそ消えるが通話→履歴でやりとりした痕跡は残ってしまう。SPモードのメールは、ゴミ箱に残っていたり、送信メールにも内容が残っていたりする(GALAXY Tabで検証)。「メール痕跡はしっかり消すようにしたい」とべラックブリー氏。

気をつけなければならないのは履歴。前述のWebメールを使ってログオフしても、意外な落とし穴がある。文字入力履歴だ。例えば、「こ」と入力して予測変換で「コンパ」などが出てきてしまっては疑われる。人の名前だと怪しまれることは必至だ。設定で文字入力履歴を消去しておきたい。

それでも不安なら「私の電卓」が役立つ。一見するとただの電卓アプリなのだが、秘密のメッセージの記録を守れるダミーアプリだ。履歴を消去する時間がない場合は。「懲らしメール」を使うとよい。スマートフォンに触れると「致命的なエラーが発生しました。全部のデータが消えてしまうから何にも触れないで」と表示される。普通にボタンを押せば元に戻るが、初めて見た人は驚いて触るのをやめてしまうだろう。

見られたくない写真を隠す

スマートフォンで隠したいのはメールだけではない。スマートフォン撮影した写真も見られたくないことがあるはず。「写真をロックする方法」「写真を隠す方法」などgooスマホ部にもたくさんの質問が来る。男女間だけではなく、子供に見せたくない写真なども次の方法で隠せる。

まず画像の表示・非表示を選べるアプリが「JustPictures! 」。これで見せたくない写真を表示しないようにできる。ただし、コンテンツマネージャーなどほかのビューワーでは非表示にされないので、詳しく調べられると見られる可能性が高い。

ではどうするのか? ベラックブリー氏がお薦めすのがクラウドサービスの活用だ。Dropbox、picasaなどにアップロードし、端末の中から削除する。ブラウザーからアクセスして自分だけが知っているIDとパスワードでログインして写真を見る。非表示にするよりも自然な隠し方だ。

セキュリティー面に特化した端末を選ぶ

複数のアプリの使用、履歴の管理、クラウドサービスの活用などで、見せたくないメールや写真は隠せる。ただし、いずれも少し手間がかかる。では“隠す”のに適した端末はどれだろう。ベラックブリー氏によると、「今夏急激に増えたAndroidスマホは、各操作の導線が同じなので、利用者が少ないBlackBerryや9月にKDDI(au)が発売するWindows Phoneなどは安全性が高いのでは」とのこと。

Androidスマートフォンでは、NTTドコモの「GALAXY S II」「Optimus bright」が動作が軽快で、とっさの操作も素早くて“隠す”のに向いている。GALAXY S IIは、デュアルコアCPUを採用する高性能端末。多くのアプリを駆使するのには、パワフルな端末の方がストレスなく使える。Optimus brightは、シンプルで動作が軽快だ。

この2機種は、「傾ける」「ひっくり返す」といった動作で、操作を割り当てられる機能を備える。とっさに何かを隠すのに役立つのではないかとのこと。

男女の間にまつわる質問と回答を取り上げたが、今回、教えてもらったテクニックは、大事なメールや画像を守るときにも使える。絶対にほかの人に見られたくない仕事のメールを自分用のスマートフォンでやりとりする人も少なくないはず。複数のアプリを組み合わせたり、クラウドサービスを活用したりして大事なメールや画像を守ろう。

広告