タレントの桜塚やっくん(34)が28日、東京・六本木CUBEで行われた音楽イベント『ファンなら美女イケメンと盛り上がらNight』に出演した。今年3月に準強姦(ごうかん)容疑で書類送検(不起訴)されたやっくんは「あたいは清廉潔白です。いろんな報道がありましたけど、こうやって胸張って出てることは、そういうこと」と改めて無実を強調。また、自著小説『美女♂men』(青月社刊)の映画化が決定したことを発表し「もう一度、誠心誠意頑張る。これからもマルチな活動に挑戦したい」と再起を誓った。

騒動後の状況を「正直仕事が減りました。収入もダメージを受けた」と明かしたやっくんは「芸能界辞めようと思った」と当時の心境を吐露。それでも、被災地を慰問した際に「被災者の方に喜ばれて、必要とされてるなと感じた。続けていこう」と決意。一連の報道で失った信頼やイメージを取り戻すべく「初心に返って、精進していきたい」と真摯に語った。

また、水面下で進行しつつも同件の影響で白紙状態になっていたという自著小説の映画化が正式に決定。公開日およびキャスト、監督は未定だが、配給はミュージックシネマジャパンで制作され、やっくんは「夢が叶った。やるなら、監督もやりたい」と思いをめぐらせていた。

やっくんはこの日、TBS系音楽番組『Music Birth』でのオーディションで結成された全員男のガールズバンド・美女♂men Vlossomを引っさげて登場し、全4曲を熱唱。また、今年4月5日にボーカルの和乃が急逝し、無期限活動休止中のV系ロックバンド・しゃるろっとのメンバーの琉華(ベース)と密乗(ギター)が新加入したバンド・dna+と対バンし、最後はSHAZNAの代表曲「Melty Love」をカバーした。

広告