2011年7月26日、中国・浙江省温州市で発生した高速鉄道の追突・脱線事故に関して温州市委員会と市政府が発表したところによると、地元当局とある犠牲者の遺族の間で、賠償金額について初の合意が成立した。中国国営・新華社通信の報道。

現段階で39人と言われている犠牲者。携帯していた身分証や着衣から、全員の身元は確認済みだが、DNA鑑定によるさらなる確定を要するケースもあるようだ。今回、賠償金額の協議が合意に至ったのは福建省福州市在住だった犠牲者の遺族。その金額は50万元(約605万円)。

広告