中国南西部の雲南省昆明市で米アップル直営店「アップルストア」の偽店舗の存在が明らかになった問題で、同市当局が2店舗に対して閉店を命じた。地元紙が25日伝えた。

昆明市役所のウェブサイトに掲載された同紙記事によると、アップルからの許可を得ずに営業していた偽店舗は合計5カ所。このうち2店舗について、正式な営業許可を得ていないことを理由に当局が閉店を命じた。著作権侵害などの罪を問うことはないという。

アップルストアの偽店舗については、米国に住む「BirdAbroad」という女性ブロガーがアップルの白いロゴを掲げる3店舗を写真付きで報告。昆明市はこれを受け、市内の家電店約300カ所について調査を行った。

今回摘発された5カ所の偽店舗では本物のアップル製品を販売していたという。

広告