AKB48の前田敦子(20)が苦境に立たされている。主演を務めるドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(フジテレビ系)の第2話が17日に放送され、視聴率が前回の約5%ダウンとなる6.0%を記録したことが、ビデオリサーチの調査で明らかになった。

髪をバッサリ切り、キスシーンも演じるなど、気合十分で臨んだ主演ドラマだが、初回放送では10.1%と辛うじて10%台をキープ。飛躍を期待して挑んだ第2回放送では10%台維持どころか、6.0%を記録し、苦しい立ち上がりとなっている。

「花ざかりの君たちへ」は、中条比紗也さん原作の人気マンガ。07年には堀北真希が主演を務め、平均視聴率17%を超えた。ちなみにこのときの初回放送は15.9%で、第2話では16.8%と好調をキープした。

視聴率低迷の原因を一部では、ヒロインを固めるイケメン軍団に問題があるのではないかと指摘する声が上がっている。高視聴率をマークした前回は、小栗旬、生田斗真、水嶋ヒロ、山本裕典、岡田将生など、今のテレビ界をリードする若手俳優陣が出演していたのに対し、今回は少々パッとしないという。

今回の“大コケ”はネットでも話題を集めており、大手掲示板には2万件を超えるコメントが書き込まれている。その内容をみてみるとどれも批判的なもので、なかには「前田目当てで見るファンが男に囲まれてキスする話で喜ぶと思った方が不思議」と、キスシーンが問題だったのではないかと指摘する声もあった。

前田が出演した過去のドラマを見ると、佐藤健と共演した「Q10」(日本テレビ系)では初回こそ視聴率15.3%をマークしたが、その後は10%ぎりぎりのラインと低迷し、最終的に平均視聴率10.93%だった。このとき、一部のネットユーザーからは、前田には熱狂的なファンが付いているが、一般ウケは難しいのでは?と指摘する声が寄せられていた。

先般行われたAKB48の総選挙では群を抜く得票率を獲得し1位に返り咲いた前田だが、前述の通り、一般ウケは難しいのか。いまや日本を代表するアイドルグループとなったAKB48。そのなかでも中心的な存在として活躍する彼女の底力に期待したい。

広告