発表会には上戸彩さんのほか、白戸家の“おじいちゃん”となった松田翔太さんも来場した

 ソフトバンクモバイルは4日、携帯電話の2010年下期ラインナップを発表。シャープ「GALAPAGOS」などAndroid 2.2搭載スマートフォン4モデルや、タブレット型端末「001DL」(デル製)、フィーチャーフォンなどを披露した。既発表のスマートフォン「HTC Desire HD」を含め、11月上旬より順次発売する。スマートフォン新モデルのラインナップは下表の通り。

 サービスとしては、スマートフォン向けに電子書籍販売の開始や「ビデオストア」のバージョンアップ、mora touch音楽配信の開始などを明らかにした。また、フィーチャーフォン向けにはソーシャルゲームサービスの「Zynga」への対応などが発表された。

発売時期 メーカー 製品名 Android OS ディスプレイ 主な特徴
12月上旬以降 シャープ GALAPAGOS
003SH
2.2 3.8型WVGA
裸眼3D
タッチ液晶
720p動画撮影
ワンセグ
DLNAサーバー
12月中旬以降 ZTE Libero
003Z
3.5型WVGA
タッチ液晶
重さ110g
日英中3カ国語入力
2011年
2月中旬以降
シャープ GALAPAGOS
005SH
3.8型WVGA
裸眼3D
タッチ液晶
720p動画撮影
ワンセグ
DLNAサーバー
フルキーボード
2011年
3月下旬以降
Huawei 004HW 3.2型HVGA
タッチ液晶
薄さ11.2㎜
日英中3カ国語入力

■ 「GALAPAGOS」の003SH、005SH

 いずれもシャープ製の「GALAPAGOS」のプラットフォームに対応したスマートフォン。いずれも3.8型で裸眼3D対応のタッチパネル液晶を搭載し、005SHは横スライド型のQWERTYキーも備えている。

SH003(左)とSH005(右) 裸眼3D表示に対応 基本は3色だが、スマートフォンでは異例の全13色のカラーバリエーションとなる

 003SHは960万画素、005SHは800万画素CMOSカメラを搭載し、720p動画撮影が可能。なお、静止画/動画撮影は2Dだが、撮影した静止画/動画を3D変換する機能も装備する。無線LANを搭載し、DLNAサーバー機能も装備。携帯電話内のコンテンツを対応テレビなどで視聴できる。独自のTapFlow UIを搭載し、タッチ操作が可能となっている。

 また、日本向けの仕様としてワンセグやFeliCa、赤外線通信にも対応する。OSはAndroid 2.2で、1GHz CPUを搭載する。外形寸法と重量は003SHが約121×62×12mm(縦×横×厚さ)、約139gで、005SHは未定。

 なお、003SHについては、限定500台のスペシャルパッケージとして、ボーズのヘッドセット「Bose MIE mobile headset」を付属したモデルを用意。このヘッドセットは発売前のものだという

 プリインストールコンテンツとして、映画「シュレック フォーエバー」のトレーラーや、3Dゲームの「バイオハザード・ディジェネレーション」などを内蔵する。

720p動画撮影に対応 3D静止画撮影も可能 3Dコンテンツとして「シュレック フォーエバー」が収録されることを記念し、会場にシュレックも登場した

■ 最軽量の003Z、最薄の004HW

 ZTE製のLibero 003Zは、ソフトバンクのAndroid端末で最軽量という約110gを実現。Huawei製の004HWは薄さ約11.2㎜というソフトバンクのAndroidで最薄のデザインが特徴。両モデルとも日・英・中の3カ国語入力が可能となっている。

軽量の003Z 薄型でラウンドフォルムのHW004

 003Zは3.5型WVGA液晶、004HWは3.2型HVGA液晶を搭載し、いずれもタッチ操作対応。カメラは両機種とも500万画素CMOS。無線LANを搭載する。なお、ワンセグやFeliCa、赤外線通信には対応しない。

 OSはAndroid 2.2で、600MHz CPUを搭載する。外形寸法と重量は003Zが約114×57×12.5mm(縦×横×厚さ)、約110g、004HWが約110×57×11.2㎜(同)、約120g。

 端末の詳細や新サービスの内容は追って掲載する。

□ソフトバンクモバイルのホームページ
http://www.softbankmobile.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2010/20101104_08/index.html
広告