スペインGPのレーススチュワードは、フェラーリに対して2万ドル(約183万円)の罰金を科すと発表した。その理由は、予選中のピットレーンで起きたフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)とニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)の問題だ。

両者はQ3中にあやうく接触するところだった。ロズベルグがピットレーンを走行中、アロンソがガレージから飛び出してきたため、ロズベルグは回避。もう少しでピットウオールに突っ込む可能性もあった。

レーススチュワードは公式声明を発表し、「危険なリリース」を行ったフェラーリに罪があると裁定。「ピットレーンとコースにおける安全対策は、すべてのフリー走行およびレースにおいて有効」というレギュレーションを思い起こさせている。

広告