09年のアニメを象徴する大ヒットとなった『けいおん!』の第2期『けいおん!!』が4月よりスタートしたが、4月28日にいよいよ主人公たちのバンド“放課後ティータイム”が歌う新オープニング「GO!GO!MANIAC」、エンディング「Listen!!」がリリースされる。

『けいおん!』が大きな話題を呼ぶ要素のひとつとなったのがキャラクターイメージソングCD(以下、キャラソンCD)の大ヒットだ。すでに15万枚以上をリリースしているOP「Cagayake!GIRLS」、ED「Don’t say“lazy”」をはじめ、これまでリリースしたキャラクター名義のCDはすべて総合TOP10入りを果たしている。

 00年代に入ってから、オリコンのシングル・ランキングを賑わせているのが、この『けいおん!』に代表されるキャラソンCDである。

 09年にヒットした作品としては、国歌を擬人化した歴史コメディ『ヘタリア Axis Powers』関連のキャラソンCDも、女性からの高い支持を受け軒並みヒットを記録。昨年9月リリースの「ヘタリア キャラクターCD Vol.5 フランス(トレビアンな俺に抱かれ)」は最高位3位を記録している。

 また、過去には『魔法先生ネギま!』『テニスの王子様』『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などの作品も、キャラクターが歌う楽曲がランキング上位を席巻し注目を集めた。

 作品との接点を求めるアニメファンにとって、ジャケットやブックレットでの新作イラスト、そしてアニメ以外でのキャラクターの新録音声が聞けるキャラソンCDは“キャラクター商品”のひとつであり、ファンアイテムとして需要がある。また、アーティスト活動をしておらず、普段あまり聴く機会のない声優の歌声を聴ける場として、声優のファンからも熱い注目を集める。

 それに加えて、楽曲のクオリティーが上がったことでファン層が広がりを見せ、ここ毎年、必ずといっていいほどキャラソンCDのヒットが生まれている。

 4月以降、前述の『けいおん!』第2期関連作、『ヘタリア Axis Powers』劇場版アニメ公開(5月)が控えており、それに伴うキャラソンCDヒットは必至。10年も話題の中心となっていきそうだ。

広告