ミハエル・シューマッハのケガの影響を懸念する声は、先週のヘレステストに彼の担当医師が同行していなかったことで、ようやく沈静化しそうだ。今月初めに行われた最初のバレンシアテストでは、ヨハネス・ペイル医師がシューマッハに付き添っていた。

その後の報告により、シューマッハは1年前に負った首のケガから完全に回復していることが伝えられ、ペイル医師はF1マシンによって生じる独特の負荷に耐えられるかどうかをチェックするために同行していたとのことだった。

「彼がバレンシアに来ていたのは、これまで何度もそうしていたように、いくつかの検査をするためだった」とシューマッハはF1公式ウェブサイトに対し語った。「準備が万全であることを僕らは2人とも確かめたかっただけで、確実に復帰できる状態であることが確認できた。だから、ヘレスでは彼に来てもらう必要性を感じなかったんだよ、お互いにね」

先週、ペイル医師はシューマッハの首の状態はレースに十分耐えられると述べている。「彼を邪魔するものは何もない。何の制限もなく、心配もせずに走れている」と医師は語った。「準備段階からそうした印象を受けていたし、最初の40周を終えた時点でそれは確信に変わったよ」

"準備が万全であることを確かめたかった。十分な確信を得た"と語ったシューマッハ
広告