I-K99

3月上旬より順次発売

標準価格:26,250円~42,000円

 ケンウッドは、車載用1DINオーディオユニットの新製品として、iPod/USBの接続に特化した「I-K99」など3製品を3月上旬より順次発売する。種類と価格は下表の通り。

製品

型名

標準価格

発売時期

MPEG-4/WMV/H.264
MP3/WMA/AAC/WAV対応
デジタルメディアレシーバ

I-K99

42,000円

5月中旬

MP3/WMA/AAC対応
CD/USBレシーバ

I-K77

31,500円

3月上旬

MP3/WMA/AAC対応
CD/USBレシーバ

I-K55

26,250円


■ I-K99

 USB 2.0インターフェイスを搭載し、USBメモリやiPodなどの再生に特化した1DINサイズのカーオーディオユニット。同梱のiPod/iPhone用接続ケーブルを使用して、iPod/iPhone内の楽曲再生などが可能。充電にも対応する。対応iPodは第5世代iPod、iPod nano/classic/touch、iPhone 3G/3GS。

 ユニットのフロントには3型TFT液晶ディスプレイを備え、音楽のほか、接続したデバイスの動画/静止画再生も可能。映像入力を持つ外部モニターへの出力もできる(iPhone/iPodのみの対応)。再生対応フォーマットは動画がMPEG-4 AVC/H.264、MPEG-4、WMV9、音楽がMP3、WMA、AAC、WAV(リニアPCM)、静止画がJPEG、BMP。

 また、本体にメモリを内蔵しており、USBを介して音楽/静止画/動画ファイルの転送も可能。転送後は「Internal Memory」というソースからファイル再生ができる。なお、対応可能ファイルに関しては、同社対象サイトに掲載するとしている(5月予定)。

 フロントのデザインとして、iPodのキーレイアウトに準じたキー配置を採用。ディスプレイは「タイトル」、「アルバム」、「アーティスト」など音楽情報の表示が可能で、日本語6行表示、日本語5行+タイムコード&バー表示や、アルバムアート表示にも対応する。

 AM/FMチューナも内蔵。アンプ部の最大出力は50W×4ch。重量は1.1kg。


■ I-K77、I-K55

 ともに、CDドライブとUSB 2.0インターフェイスを備えた1DINオーディオユニット。iPod/iPhone接続用ケーブルを同梱し、USBメモリやiPod/iPhone内の音楽再生に対応する。再生対応ファイルはMP3、WMA、AAC。I-K55はフロントにUSB端子を備えるタイプで、外部入力端子も備えている。

 2モデルとも、iPod/iPhoneの操作を、ユニット本体かiPod/iPhoneで行なうかを選択可能な「コントロールハンドモード」を搭載。またI-K77のみ、iPodのキーレイアウトに準じたキー配置を採用する。

 CDドライブも備え、MP3、WMA、AAC記録のCD再生もできる。AM/FMチューナも内蔵。アンプ部の最大出力は50W×4ch。日本語表示に対応したディスプレイも搭載する。I-K77の重量は1.3kg。I-K55の重量は1.2kg。

I-K77 I-K55
□ケンウッドのホームページ
http://www.kenwood.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.kenwood.co.jp/newsrelease/2010/20100218_01.html
広告