iP2700

 キヤノンは、シンプルなインクジェットプリンター「iP2700」を2月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は7,980円前後の見込み。対応OSはWindows 2000/XP/Vista/7、Mac OS X 10.4.11以降。

 “BOXデザイン”を採用するエントリーモデルの単機能インクジェットプリンター。2008年2月に発売した「iP2600」の後継機種。

 新機能として、同梱ソフトの「Easy-PhotoPrint EX」において新たに「エリア別明るさ補正」が利用可能になった。エリア別に露出状態を解析し、全体の彩度を維持したまま暗い部分のみを適正な明るさに補正するという。

 また、Webページの任意箇所を集めて印刷できる「Easy-WebPrint EX」に引き続き対応する。

 最高出力解像度は4,800×1,200dpi。3色一体インク+ブラックインクを採用する。最小インク滴は2pl。印刷速度はL判写真(カラー、フチなし)が約46秒、A4写真(カラー、フチあり)が約100秒。

 本体サイズは445×250×130mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約3.4kg。

広告