カンポス・チームの救済について報じたスペイン紙が、記事の内容は事実であると主張している。

チーム救済に動くと名指しされた11日(木)の報道に対し、フォルクスワーゲンとコリン・コレスは共に計画への関与を否定。

だが、『AS(アス)』紙は再び反論し、フォルクスワーゲン側が報道を否定するのは"予想されたこと"と述べ、会社側にまだこのニュースを発表する準備ができていないためだと指摘している。

また、続報としてF2チャンピオンのアンディ・ソウセックがカンポスの後継チームでドライバーを務める可能性があるとのだが、彼にはまだザウバーのリザーブドライバーという可能性も残されているという。

エイドリアン・カンポスは保有株式を手放したものの、チームの象徴的存在として残り、チーム名もそのまま維持されることが考えられると同紙は報じた。

すでにカンポスは保有株式を手放したとのことだが・・・
広告