F1はエンジン開発凍結中に適切な行動を取らなければ、さらなる自動車メーカーを失う恐れがある。ルノーエンジンを搭載するレッドブルを率いるクリスチャン・ホーナーはそう意見する。

開発の一時的な停止が義務付けられているにもかかわらず、2009年はメルセデスのV8エンジンが他社メーカーのエンジンよりも優れていたと言われる中、FIAは遅れをとったエンジンメーカーがメルセデスに追いつくことを認めるようプレッシャーをかけられた。

FIAは最も優れたエンジンのデチューン(性能を落とすような調整)のみを認めるとしたが、チームらは均等化の合意に至っていない。

ルノーエンジンはメルセデスやフェラーリに比べて強力ではないものの、効率性に優れていることから給油が禁止される今年はアドバンテージがあるのではないかと見られている。

ホーナーはドイツの『Auto Bild(アウト・ビルド)』に「FIAはエンジンの調整を決定するすべてのデータを有している」とコメント。

エンジン開発凍結規約は実際に性能の均等化を規定してはいないが、Honda、BMW、トヨタを欠いた今、F1には復帰したコスワースを含めてエンジンメーカーは4社しか存在しない。

「他社にかなわず、今年末に再びエンジンメーカーを失うようなことになれば大惨事だ」と語るホーナーは次のように付け加えた。

「シャシー開発の規約が非常に厳しいため、エンジンの役割がさらに重要になっている」

エンジンの役割がさらに重要になっていると強調するホーナー
広告