USF1とカンポスの参戦に疑問を持っているバーニー・エクレストンは、両チームが2010年シーズン序盤の3戦を欠場する可能性をほのめかしている。

エクレストンは全チームがサインしているコンコルド協定に触れ、その中で各チームには1シーズンにつき3戦まで欠場することが許されていることを強調。ほとんどのチームはスポンサーとの契約もあってその権利を行使しないが、F1参戦への準備が遅れているカンポスとUSF1にとっては、有効な手段になるかもしれない。

「カンポスとアメリカ人のチーム(USF1)を見ることはないだろう。彼らは、序盤3戦の欠場を打診してくるかもしれない」と『Express(エキスプレス)』に語るエクレストンは、「コンコルド協定では、(1チームあたり1シーズンに)3レースまでの欠場が認められている」と説明した。

両チームともに開幕戦への参戦を何度も明言しているものの、カンポスはシャシー開発を依頼しているダラーラへの支払いのために依然として投資家を探していることを認めている。一方のUSF1は新マシンをクラッシュテストの最終段階まで通しており、シャシー開発についてはかなり進んだ状態であると報じられている。

しかし、2010年シーズンに参戦できないチームがあった場合を見越し、トヨタの2010年パッケージを引き継いでいるセルビアのステファンGPが繰り上がりでの参戦を果たすために準備している状況だ。チャンスがない可能性もあるものの、必要な機材を開幕戦の地に輸送することも決めていると報じられている。エクレストンはステファンGPがレース参戦のための準備を十分に整えていると語っており、すでにこのプロジェクトを支援することを明かしている。

「彼らはセルビア政府から資金を得ており、私は首相とも話をした」とエクレストンはコメントした。

このステファンGPプロジェクトには、元F1ドライバーであるラルフ・シューマッハ、中嶋一貴、ジャック・ビルヌーブの関連が取りざたされており、特に中嶋についてはTMG(トヨタ・モータースポーツGmbH)の技術支援が存在することから起用が確実視されている。

チームは今月末にもポルトガルのアルガルベ・モーターパークで単独テストを行う模様で、2007年に発生した"スパイゲート"に関与したマイク・コフランや元スパイカー代表のコリン・コレスがすでにチームに加わって作業を行っているようだ。

ステファンGPの参戦を後押しするエクレストン
広告