キヤノンは、コンパクトデジタルカメラ「PowerShot A3100 IS」を19日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は2万円弱の見込み。本体色はシルバー、レッド、ブルー。

PowerShot A3100 IS(シルバー) PowerShot A3100 IS(レッド)
PowerShot A3100 IS(ブルー)

 有効1,210万画素CCDを採用するスタンダードモデル。2010年春モデル共通の「ローライトモード」や「ぴったりフラッシュ」といった新機能を備える。また、新シーンモードとして「オールドポスター」、「極彩色」を採用。詳しくは先に公開した「キヤノン、『IXY』『PowerShot』6モデルを発表」を参照いただきたい。

 撮像素子は有効約1,210万画素の1/2.3型CCD。最高感度はISO1600。ローライトモード時には、最大ISO3200まで増感する。動画はMotion JPEGコーデックを採用。最大解像度は640×480ピクセル。

 焦点距離35~140mm相当(35mm判換算)、F2.7~5.6の光学4倍ズームレンズを搭載。マクロモード時の最短撮影距離は3cm。

 液晶モニターは2.7型約23万ドットの固定式。記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード、MMC、MMCplus、HC MMCplus。

 電源はリチウムイオン充電池のNB-8L。撮影可能枚数は約240枚。

 本体サイズは97.2×28.1×58.2mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約155g。

PowerShot A3100 IS(シルバー)
PowerShot A3100 IS(レッド)
PowerShot A3100 IS(ブルー)
広告