「HDCR-Uシリーズ」ブラックモデル

2月中旬発売

標準価格:10,920円~(HDCR-Uシリーズ)
       2,730円(USB2-HB4R)

 アイ・オー・データ機器は、東芝の液晶テレビ「REGZA」の録画先に対応したUSB接続の外付けHDD「HDCR-Uシリーズ」に、ブラックカラーモデルを追加し、2月中旬より発売する。価格と種類は下表の通り。なお、既発売のホワイトモデルと合わせて、カラー/容量別に7種類での展開となる。

カラー

容量

型番

発売時期

標準価格

ブラック

500GB

HDCR-U500K

2月中旬

10,920円

1TB

HDCR-U1.0K

15,330円

1.5TB

HDCR-U1.5K

21,000円

ホワイト

500GB

HDCR-U500

発売中

10,920円

1TB

HDCR-U1.0

15,330円

1.5TB

HDCR-U1.5

21,000円

2TB

HDCR-U2.0

44,415円

 また、同じく東芝REGZAの録画先に対応したUSB HDDを4台接続可能なUSBハブ「USB2-HB4R」も同時期に発売する。価格は2,730円。


■ USB HDD「HDCR-Uシリーズ」ブラックモデル

 500GB/1TB/1.5TBの3モデルをラインナップし、PCの外付けHDDのほか、USB HDD録画対応REGZAの録画先として利用可能。対応REGZAはZX9000/Z9000/H9000/R9000/ZX8000/ZH8000/Z8000/H8000シリーズ。

既発売のホワイトモデル

 また、東芝のDVDレコーダ「VARDIA」と接続することも可能で、USB HDDへの直接録画や、VARDIAの内蔵HDDからのダビングに対応する。対応VARDIAはRD-X9/RD-S1004K/RD-S304K。さらに、PlayStation 3の外付けHDDとしても利用できる。

 「ひかりTV」の録画にも対応。専用STB「Picture Mate 700」とUSB接続するだけで、ひかりTVが放送する番組の録画ができる。地上/BS/110度CSデジタルチューナ搭載PCからの直接録画もサポート。NECの’09年夏モデル以降の「VALUESTAR」や、「Giga Pocket Digital」を搭載したVAIOに対応する。

 パソコンの終了に連動して、自動的にHDDの電源がスタンバイモードになる「PC電源連動」機能を搭載。インターフェイスはUSB 2.0。電源は付属のACアダプタより供給する。

 外形寸法は約42×185×120mm(幅×奥行き×高さ)で、従来モデル「HDCN-UAシリーズ」(42×185×147mm/同)と比べ、容量を約18%削減。重量は約1kg。本体はファンレス構造。


■ USBハブ「USB2-HB4R」

「USB2-HB4R」

 東芝REGZAの録画先に対応したUSB HDDを最大4台同時接続可能なUSBハブ。4台同時接続することで、付け替えなどの手間がかからないとしている。対応REGZAはZX9000/Z9000/H9000/R9000シリーズ。

 インターフェイスはUSB 2.0で、端子数はアップストリーム×1、ダウンストリーム×4。電源は付属のACアダプタより供給する。なお、HDDのバスパワー駆動には対応しておらず、接続したHDDに付属するACアダプタで駆動する必要がある。外形寸法は約29×82×14mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約350g(ACアダプタ含む)。

□アイ・オー・データのホームページ
http://www.iodata.jp/
□ニュースリリース(HDCR-Uシリーズ)
http://www.iodata.jp/news/2010/newprod/hdcr-uk.htm
□ニュースリリース(USB2-HB4R)
http://www.iodata.jp/news/2010/newprod/usb2-hb4r.htm
□製品情報(HDCR-Uシリーズ)
http://www.iodata.jp/product/hdd/hdd/hdcr-u/
□製品情報(USB2-HB4R)
http://www.iodata.jp/product/hdd/option/usb2-hb4r/
広告