2月20日発売

標準価格:オープンプライス

 日本サムスンは、動画/音楽再生も可能なデジタルフォトフレーム2モデルを2月20日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は8型液晶の「800P」が19,800円前後、10型液晶の「1000P」が24,800円前後の見込み。

 「800P」は8型/800×480ドット、「1000P」は10型/1,024×600ドットの液晶ディスプレイを搭載するデジタルフォトフレーム。液晶のバックライトはLEDで、画面の輝度は、両モデルとも230cd/m2。視野角は上下110度/左右130度。コントラスト比は800Pが300:1、1000Pが500:1。

 JPEG/BMP静止画に加え、MPEG-1/4やMotion JPEGの動画や、MP3楽曲も再生可能。MPEG-1/4は最大720×480ドット/2Mbps、Motion JPEGは640×480ドット/15Mbpsのファイルまで再生できる。MP3は8~320kbpsまで対応。本体に2GBメモリとSD/SDHCカードスロットを備える。0.7W×2chのスピーカーを内蔵する。

折り畳みデザインを採用

 Bluetooth 2.0+EDRを搭載することも特徴。携帯電話から静止画の転送が可能なほか、本体内の音楽ファイルを別売Bluetoothヘッドフォンで聴くこともできる。プロファイルはFTP/OPP/A2DP/AVRCPをサポート。

 USB端子(アップストリーム/ダウンストリーム各1)を装備し、USBディスプレイとしても利用可能。Windows XP/Vistaに対応する。なお、Vistaのエアロ機能や、Windows Media Playerでの再生には非対応。USBメモリ内のファイル再生も行なえる。

 静止画スライドショーのエフェクトは14種類で、切り替えの速度は3段階。手動ピボットも行なえる。時計/カレンダー表示も可能で、時計またはカレンダーと写真の同時表示も行なえる。

 本体カラーはクリスタルブラックで、「白鳥のはばたきをイメージした」という折り畳みデザインを採用。スタンド部のタッチボタンで操作できるほか、ワイヤレスリモコンも付属する。

 消費電力は11Wで、待機時は1W以下。外形寸法と重量は800Pが228×118×167.4mm(幅×奥行き×高さ)、670gで、1000Pが272×118×197.4mm(同)、750g。ACアダプタやUSBケーブルなどを同梱する。包装箱は、裏返すとプレゼント用のデザインになるというリバーシブル仕様となっている。

広告