2010年F1世界選手権でザウバーに与えられるカーナンバーは、いまだに確定していない。

BMWがF1活動を終えた後の昨年11月末、FIAはザウバーのエントリー受理を前に2010年F1世界選手権の暫定エントリーリストを発表した。BMWザウバーは2009年シーズンをランキング6位で終えたため、通常であれば2010年シーズンはカーナンバー11と12を背負って戦うことになったはずだ。

しかし2009年のランキング5位であるトヨタが撤退を発表したため、ザウバーに所属する小林可夢偉とペドロ・デ・ラ・ロサはカーナンバー9と10が与えられる可能性が出てきた。チームとしても新規参入チーム扱いによってカーナンバー26と27をつけるよりも、9と10をつけたい構えのようだ。実際、チームはすでにBMWの支援を受けていないにもかかわらず、依然としてチーム名をBMWザウバーF1チームとしている状況なのだ。

しかし、11月末に発表された暫定エントリーリストでは、2009年ランキング7位だったウィリアムズにカーナンバー9と10が与えられており、ルノー、フォース・インディア、トロ・ロッソ、そして新規参入チームであるロータス、カンポス、USF1、ヴァージンが続いている。もしザウバーにカーナンバー9と10が与えられるのだとしたら、ウィリアムズ以降のチームがカーナンバー変更を強いられることとなるのだ。

ドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』は、この問題が2月1日(月)にフランス・パリのFIA本部で開かれるF1コミッションにて討議されると推測している。

またF1コミッションでは、各ドライバーがレース週末に使うことのできるタイヤセットの数を削減することについても話し合われるようだ。ブリヂストンは現行の14セットから10セットへの縮小を求めているとされる。一方、チーム側は妥協案として11セットへの削減を望んでいるようだ。

可夢偉のカーナンバーはいくつに?
広告