約1,500回の繰り返し充電ができる「サイクルエナジー シルバー」

 ソニーは、約1,500回の繰り返し充電に対応したニッケル水素電池「Cycle Energy(サイクルエナジー)」シリーズを、4月20日に発売する。価格はすべてオープンプライス。


大容量の「ゴールド」と、廉価で約1,500回繰り返しできる「シルバー」

 ソニーの充電池シリーズ「サイクルエナジー」の最新モデル。今回は、大容量の「サイクルエナジー ゴールド」と、小容量ながら約1,500回繰り返し使える「サイクルエナジー シルバー」という、2つのラインナップを新たに設けた。詳細は以下の表の通り。

サイクルエナジー ゴールド 単三形 シルバー 単三型

【充電池のラインナップ】
シリーズ名 品番 電池
サイズ
実力
容量
最小
容量
繰り返し
使用回数
セット
内容
店頭予想価格
サイクル
エナジー
ゴールド
NH-AA-2BKB 単三形 2,100mAh 2,000mAh 約1,000回 2本入り 800円前後
NH-AA-4BKB 4本入り 1,500円前後
NH-AAA-2BKB 単四形 800mAh 750mAh 2本入り 600円前後
NH-AAA-4BKB 4本入り 1,000円前後
サイクル
エナジー
シルバー
NH-AA-2BR 単三形 1,000mAh 950mAh 約1,500回 2本入り 500円前後
NH-AA-4BR 4本入り 900円前後

 ゴールドは、乾電池単三形で容量2,100Ah(最小で2,000mAh)という大容量が特徴。従来のサイクルエナジーの105%に当たるという。また、充電1回当たりで、アルカリ乾電池の約3倍使えるとしている(単三形の場合)。繰り返し使用回数は1,000回。単四形の容量は800mAh(最小750mAh)。 

 シルバーはゴールドよりも約4割ほど安い価格が特徴。電池容量はゴールドの約半分となる1,000mAh(最小950mAh)だが、約1,500回の繰り返し充電ができる。同社では、これまで充電池を使用していなかった人にも求めやすい価格としている。

 なお、約1,500回の繰り返し使用を謳うニッケル水素電池は、三洋電気の「eneloop(エネループ)」、パナソニックの「充電式EVOLTA e(エボルタ イー)」がある。

充電器も同時に発売する。写真はコンパクトタイプの充電器

 また、ニッケル水素電池用の充電器も同時に発売する。ラインナップはコンパクト充電器の「BCG34HSS」など、全7機種。エナジーサイクルの充電池を同梱するタイプもある。詳細は以下の表の通り。

【充電器のラインナップ】
充電器
タイプ
品番 対応
電池
充電表示
ランプ
液晶
表示
リフレッシュ
機能
充電池セット 店頭予想
価格
コン
パクト
BCG34HSS 単三×2
単四×2
なし 1,000円前後
BCG34HS2R 単三シルバー×2 1,300円前後
BCG34HS24K 単四ゴールド×2
スタン
ダード
BCG34HLE4R 単三×4
単四×4
単三シルバー×4 2,000円前後
BCG34HLE4KA 単四ゴールド×4 2,500円前後
急速
充電器
BCG34HRE4R 単三シルバー×4 3,000円前後
BCG34HRME4R 4,000円前後

広告