女優の吉高由里子(21)が、二宮和也(26)、松山ケンイチ(24)がダブル主演する前後編2部作「GANTZ」(佐藤信介監督)のヒロイン・小島多恵役に決まった。

 原作は2000年から週刊ヤングジャンプで連載中。単行本27巻で1000万部を超える人気SFアクション漫画。

 死んだはずの人間が、黒い謎の球体「GANTZ(ガンツ)」に召還され、異形の「星人」と呼ばれる敵との戦いを強いられていくストーリー。主人公の心の動きを通し、「生と死」といった重厚なテーマを問いかける。

 吉高ふんする多恵は、二宮ふんする玄野(くろの)計と同じ大学の同級生。殺伐とした戦いの中で、一途(いちず)に玄野のことを思い続ける純粋な存在だ。過激な戦闘シーンと対をなすように、2人のラブストーリーがピュアに描かれていくという。

 アクションシーンもあり、ワイヤアクションに初挑戦するなど「毎日が新鮮」という吉高。「原作や小島多恵ファン、『GANTZ』を愛するすべての方に、ステキな映画だったと愛される作品になるよう精進したいと思う」と意気込む。

 初共演の二宮との呼吸もバッチリで「とっても気さくな方で優しくて、スタッフ、共演者に『笑い』を提供してくれる。現場のムードメーカーです」。二宮も「吉高さんはお芝居に誠実で、何より相手に対して優しいお芝居をしてくれてやりやすい方」と絶賛している。前後編とも11年公開。

広告