ハイメ・アルグエルスアリが2010年シーズンのトロ・ロッソのレースドライバーに起用されることが正式に発表された。

昨シーズン途中、セバスチャン・ボーデの後任として史上最年少でF1デビューを果たしたアルグエルスアリ。昨年11月にはセバスチャン・ブエミの残留も明かされており、トロ・ロッソは2009年後半戦に起用した両ドライバーを続投し、ラインアップを変更せずに新シーズンに挑む。

チーム代表のフランツ・トストは「事前のテストもなしに、2009年半ばのハンガリーGPでデビューしたことを考えると、彼はよくやってくれたと思う」とコメントしている。

「彼はまだ19歳だというのに成熟したアプローチを取り、シーズン後半を通して着実に成長した」

「今シーズンも序盤は彼にとって新しいサーキットが続くので、短時間で多くのことを学ばなければならないだろう。また、ハイメ(アルグエルスアリ)の起用はレッドブル若手ドライバー育成プログラムの卒業生を迎え入れるという、わがチームの誓約を裏付けている」

今回の発表により、カンポスがグリッドに着かなかった場合、ブルーノ・セナがトロ・ロッソに移籍するという憶測に終止符が打たれた。さらに、トロ・ロッソのシートが埋まったことで、2010年のレースシートは残り4席に。USF1はラインアップ未定、ルノーとカンポスはそれぞれレースドライバーを1名公表している。

2010年もトロ・ロッソにとどまることになったアルグエルスアリ
広告