ロータスの新車発表会は、イギリス・ロンドンで行われることになりそうだ。

ノーフォークにファクトリーを構えるマレーシア資本のロータスは、先日チーム代表のトニー・フェルナンデスが自身の『Twitter(ツイッター)』で明かしたところによれば、2月12日(金)に2010年型マシンをお披露目するという。

一方で他チーム勢はその日、スペイン・ヘレスで2回目のプレシーズンテストを行う予定。フィンランド紙『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』によるとロータスは、新車をお披露目した後に天候が許せば、シェイクダウンをヤルノ・トゥルーリに任せてシルバーストーン・サーキットを走行するらしい。

そこでマシンの初期性能をチェックした後、2月17日(水)から20日(土)の予定でヘレスにて行われる3回目のプレシーズンテストに参加することになりそうだ。一方、ロータスにはトヨタでレース&テストチーフエンジニアを務めていたディーター・ガスと、ジャンルカ・ピサネッロが加入した模様だ。

トヨタで5シーズンを戦った35歳のトゥルーリは「僕たちはこのプロジェクトのために、たくさんの経験を用いて協力している」とコメントし、「足りないのは時間だけだ」とも付け加えた。またトヨタとBMWがF1撤退を決め、ルノーも関与を減らしている状況で新規参入チームが加わったことにより、「これまでどおりのビジネス」はもはやできないとも述べている。

「フェラーリを除けば、大きなコンストラクターはメルセデスだけだ。僕たちは皆、新しいF1に対応しなければならない。ロータスは小さいチームでリソースの面ではトヨタに遠く及ばないけど、運営についてはトヨタよりも効果的にできるだろう」

新チームの中では最も準備が進んでいるロータス
広告