ロバート・クビサのラリー・モンテカルロ挑戦は、すでに終わってしまったようだ。今週から始まったラリー・モンテカルロだが、クビサのルノー・クリオR3はエンジントラブルに見舞われてしまった。

スノーコンディションとなった19日(火)のオープニングステージをスタートし、わずか4kmの地点でトラブルを抱えたクビサ。フランス誌『Auto Hebdo(オート・エブド)』によると、クビサはその後、20日(水)から新しいエンジンを搭載してスタートするための地点を調査していたようだ。

しかし残念ながら、エンジン交換作業がセッション開始時刻までに完了できないことが明らかとなったという。

ミッコ・ヒルボネンと共に会見に参加したクビサ
広告