C4シリーズ

2月中旬発売

標準価格:54,800円(C411A5)
     49,800円(C411A6)

 オンキヨーは、地デジチューナ搭載モデルなどネットブック「C4シリーズ」2モデルを2月中旬より発売する。地デジチューナ搭載の「C411A6」とAM/FMチューナ搭載の「C411A5」を用意し、価格は地デジモデルが54,800円、AM/FMモデルが49,800円。OSはWindows 7 Starter。

C411A6には、新開発の地デジチューナを搭載 C411A5には、miniPCI接続のAM/FMチューナを搭載する

 「C411A6」は、miniB-CASカードと自社開発の地上デジタルチューナの搭載により、ネットブックとして初めて地デジ放送受信に対応した。なお、地デジ受信のためには、付属のF型コネクタ変換ケーブルを用いて、外部アンテナに接続する必要がある。テレビ視聴/録画には独自のアプリケーション「PureSpace」を利用。3Dデザインのメニューからテレビや音楽などのメディアを選んで直感的な操作が可能という。

 「C411A5」はminiPCI接続のAM/FMラジオチューナを内蔵。オンキヨーがオーディオやサウンドカードで培ってきたノイズ対策技術などを盛り込み、ピュアな音楽再生を可能にするという。ラジオや音楽再生用のアプリケーションもPureSpaceを利用。ラジオの録音にも対応する。PureSpace Musicでは、音質劣化の要因となるミキサーをバイパスし、音声信号をサウンドデバイスにダイレクト伝送する「PDAP(Pure Direct Audio Path)」を採用しており、メールの着信音などのアラートに影響されずに音楽再生が可能となる。

 チューナ以外の主な仕様は共通で、ディスプレイは10.1型/1,024×600ドット。CPUはAtom N450(1.66GHz)で、メモリ1GB、HDD 250GB。D-Sub15ピン(アナログRGB)出力やマイク入力、ステレオミニ音声出力などを装備するほか、地デジモデルではテレビアンテナ端子も備えている。USB 2.0×3やEthernet、IEEE 802.11n対応の無線LAN、SD/メモリースティックスロット、Webカメラなども装備する。

 バッテリ駆動時間は約3.3時間。外形寸法は258×186×23mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.1kg。

 C4シリーズだけだけでなく、ノート/デスクトップPCラインナップを一新。15.6型/1,366×768ドット液晶搭載のノートPC「R5シリーズ」でも3モデルが同モジュールを搭載して地デジ対応している。

C4シリーズのキーボード部 R5シリーズ
□オンキヨーのホームページ
http://www.jp.onkyo.com/
□ニュースリリース
http://www.jp.onkyo.com/news/newproducts/pc/20100121_nb/
広告