人気ロックバンド、X JAPANが、98年に死去したギター、故hideさんの命日である2日、東京ドーム2夜連続公演をスタートさせた。ベース、HEATHの所属事務所との契約トラブルを乗り越え、新たにLUNA SEAのギター、SUGIZOが加入。hideさんを含むメンバー6人の結束力はより強固になった。「無敵の夜」と題された新生X JAPANの初ステージに約5万5000人が酔いしれた。

 “HEATHコール”が巻き起こるアンコール。それまで我慢していたファンへの感謝の気持ちが一気に爆発した。

 突如、HEATHはアリーナに降り立ち、ファンに次々とハイタッチ。リーダーのYOSHIKIと熱い抱擁を交わし、ボーカルのTOSHIも加えた3人で無邪気にステージを駆け回ると、5万5000人の大歓声でドームが揺れた。

 ファンをじらすかのように、開演は20分遅れた。それでもトラブルを乗り越え、新メンバーを迎え入れて一致団結した“6人”での初公演とあって、異様な盛り上がりを見せた。TOSHIは「いつもありがとな。新たに6人で強行突破するぜ!!」と感謝を伝えた。

 3月に発覚したHEATHの所属事務所とのトラブル。同月の韓国公演は延期となり、今公演の先行チケット販売が延期されるなど一時はバンド存亡の危機にまで発展。だが、YOSHIKIの説得でHEATHは残留し、さらにSUGIZOが正式加入。紆余曲折をへてメンバーの結束力は強固たるものとなった。

 新生Xのデビュー戦はhideさんの命日とも重なった。総制作費30億円のステージでは、エンドレスで生前のhideさんの映像が映し出された。新曲「Jade」を初披露したほか、「Tears」ではSUGIZOが得意のバイオリンを披露。楽曲「X」では、ドーム側から「誘導しない」と誓約書を書かされた“Xジャンプ”を強行突破。TOSHIの声をかき消すほど大合唱もわき起こり、興奮のあまり失神して救急車で運ばれるファンも現れた。

 それでも3時間20分、全13曲のステージを無事完走。YOSHIKIは「WE ARE X!!」と絶叫。絆を強めて進化したX JAPAN。あとは世界制覇へ向けて突き進むだけだ。

 
広告