Photo F1-Live.com

安定した速さを見せたウェバー

デビッド・クルサード
13位
「予選第1セッションはコンディションがとても不安定だった ー だが、もちろん、それは誰にとっても同じ事だ。小雨が降っていたので、タイヤがベストの状態の時にクリアラップを取る努力をしなければならなかったが、2周目にそのチャンスがあった。小雨でもコースの水しぶきがひどかったので、渋滞があったら第1ストレートの終わりの200ヤードぐらい手前まではブレーキングゾーンが見えないような状態だった。最終アタックではアンダーステアがひどく、ブレーキングの際のクルマのパフォーマンスが悪かった」

マーク・ウェバー
8位
「かなり良いセッションだった。もっと前のグリッド順位だったら良かったけど、少なくともトップ10には入れたのだからね。今日はこれが精一杯だった。コースのコンディションは最高とは言い難かったが、それは誰にとっても同じことだからね。明日のレースを楽しみにしている」

クリスチャン・ホーナー
「マークは難なく予選を勝ち進み、再び予選第3セッションに進出することができた。明日のレースでは、我々は戦略的にはいいポジションにいると思う。第2セッションの1回目のアタックでは、デイビッドもマークのともに第3セッションに進めるかと思ったが、残念ながら、デイビッドは最終アタックのクルマのバランスに満足することができず、最終的にはタイムが伸びなかった」

ファブリス・ロム(ルノープリンシパルエンジニア)
「我々は長い間、今日のようなコースコンディションを待ち望んでいた。どのチームにとっても難しい状況だったので、我々にとってはチャンスだった。だが、第2セッションでは天気が比較的安定していたので、速いクルマがタイムシートの上位に並んだのは、当然のことだった。マークは力強い予選を戦った。ロズベルグがペナルティを課せられたので、明日のレースでは本当に力強いレースが戦えるチャンスがある。デイビッドは残念ながら、変化し続けるコンディションの中、パッケージの性能を最大限に使うことができなかったが、明日も不安定なコースコンディションになると思われるので、彼にもまだチャンスはある。今回もポイント獲得が我々の目標なので、実現するためにベストを尽くして戦うつもりだ」

デイビッド・クルサード

フリー走行3回目:-
最速ラップタイム:-
走行周回数:-
予選順位:13番手
最速ラップタイム:1:26.247
シャシーナンバー:3

マーク・ウェバー

フリー走行3回目:-
最速ラップタイム:-
走行周回数:-
予選順位:8番手
最速ラップタイム:1:25.535
シャシーナンバー:4

広告